自律神経を正常化すれば痙攣性便秘が消える

慢性便秘のひとつに痙攣性便秘というものがあります。この便秘は実は自律神経の乱れにより、起こると言われています。自律神経が乱れると腸内の蠕動運動が常に起こるようになり、いつも大腸が痙攣しているような状態になります。

これは、自律神経の一つ、副交感神経が不活発になることで起こります。本来はもう一つの交感神経が活動に関してを司るのですが、内臓の中の消化器官すなわち胃腸だけは、副交感神経が司るようになっています。

この副交感神経が、動きを鈍らせると腸の中に異変が起こります。つねに痙攣しているので、便秘と下痢を繰り返すようになります。この、原因とは副交感神経なのです。自律神経を正常に戻すことで、副交感神経の活動が活発化します。このように、じつは便秘といのは、自律神経の機嫌次第なのです。

自律神経は少しのことでも乱れてしまいます。心に悩みがあると十分な睡眠が取れなくなります。こうした心に関係した部分に、体調の異変として現れてくるのです。低体温になり貧血になることで朝起きれなくなることもあります。呼吸器に異変が起きて息切れが起きたり、心臓の動きが一定にならずに不整脈にもなります。ありとあらゆる、病気になりますが便秘にも勿論関係してくるのです。先ほどの痙攣性便秘がまさにそうです。

副交感神経が働かないと、腸管免疫力が低下しますので、痙攣の他にも悪玉菌が増えていくことで、腸管に毒素が溜まっていきます。

自律神経が正常に機能していないだけで、不都合だらけの体になってしまうのは怖いですね。便秘持ちの人には戦々恐々は話だったかもしれません。

しかし、安心してください。自律神経を正常化するのに、簡単な方法があるのです。この方法を習慣化することで、副交感神経が腸の仕事を活性化しますので、便秘も自然と治るようになります。これからその方法を説明します。

体内時計をリセットすれば自律神経が元に戻る

自律神経の中の交感神経は朝から活発化します。昼をピークに夕方以降活動を緩めて行きます。副交感神経は、昼くらいから活発化して夕方以降活動をピークにしていきます。もうお分かりかと思いますが、活動をするのは交感神経、休息を促すのが副交感神経なのです。しかし、便秘に悩む人の中には、自律神経が乱れているために、便秘に成らざるを得ない人も多いのです。

消化器を司るのは副交感神経で、腸の働きを管轄していますが、朝から昼にかけて活躍する交感神経は最初の朝の大蠕動運動に向けて号令をかけます。朝に便意を感じるのは、意外にも交感神経のおかげです。そして、夕方以降の腸内活動を緩やかに司るのは勿論、副交感神経です。自律神経が乱れると、朝の交感神経が働かないので、大蠕動運動が起きません。また、夕方以降の緩やかに腸内を健全に保つはずの副交感神経の時間にその働きをせずに、交感神経が優位になり便秘を引き起こすのです。夕方以降夜間は、便意を激しく感じずに眠る時間に向けての腸を休ませるはずのひと時です。

しかし自律神経がめちゃくちゃな時間に腸を動かしたり、休ませたりするのです。これが便秘と下痢を繰り返す痙攣性便秘の正体の一部です。しかし、この自律神経を正常に機能させる、簡単な方法があります。それは体内時計です。最近の研究で、人体は細胞レベルで時間ごとに新陳代謝やホルモンの分泌などをしているという事実にたどり着きました。これは時計遺伝子と呼ばれています。時計遺伝子は、朝一番の太陽の光でリセットされるようです。朝日をみたときに、新しい1日の始まりを認知して、体を動かすというのです。誤った自律神経の動きも、朝日を見ることでリセットされるのです。

自律神経が狂っていると感じたら、朝は朝日を見ることからはじめてください。そうすると、体内時計がリセットされて、交感神経と副交感神経が正常化します。正常化すれば、便秘も治ります。たったこれだけのことで自律神経が元に戻るとは信じがたいかもしれませんが、最新の医学の世界では科学的に立証されていることなのです。

40代女性の便秘の多くは自律神経が原因かも

自律神経の乱れが生じやすいのは、40代の女性が多いと言われています。40代を過ぎる頃から、更年期障害の症状が始まりますので、どうしても自律神経が乱れてしまうためです。閉経に向けて動き出した女性の体と心はナーバスになっていますので、心の状態を崩しやすいですし、心を崩すことによって不眠などの症状が起きて、自律神経に乱れを生じさせてしまいます。

体内時計に関しても、更年期障害があるのなら、便秘が劇的に解消するとは思えませんが、心と体のバランスを保つためにも朝日をみて、リセットするのはいいことです。いつかこの更年期の辛さも、なくなりますからその日まで焦らずに毎日を腸内の健康のために、ストレスなど貯めずに健やかに過ごしたいものですね。