問題は口内環境ではなく腸内環境

最近、口の中が臭いなと思ったり直接臭いと指摘された事はありませんか?歯科医院に駆け込んでみても、目立った虫歯もなければ歯周病でもないと診断されて、途方に暮れているなんてことはないでしょか。

もし心当たりもないのに口臭が気になるということが続くのなら、それは根本的に、歯科の範疇の話ではないのかもしれません。もし便秘がちで数日間便通がない場合、便秘になったあたりから口臭が激しくなったと感じた場合は、もしかしたら口内環境ではなく、腸内環境に原因が内在している可能性が高くなります。

便秘になると腸内に便が長期間滞留する事になります。腸内はあたたかいので、直ぐに腐敗が始まります。腐敗が始まると、腸の中に悪玉菌が跋扈するようになり善玉菌が死滅します。そうなると便は排出される機会を、著しく阻害されていくのです。

便秘がこのように長引くと、有害な腐敗物質は腸壁から吸収されて、血液に乗って全身をくまなく流れて行きます。その後、どうなるかというと皮膚の毛穴から汗として出たり、口内から口臭というか形で腐敗物質が出てくるようになるのです。

よくよく考えてみると、便秘の時の口臭は便臭に近いものがありませんか?またはオナラのような臭気を放っているかもしれません。ドブ臭いと表現されることもありますし、硫黄臭とも表現されます。これは正しく便秘による口臭だということです。

一方で、歯周病特有の臭気であっても油断できません。便秘になると全身の免疫力が低下しますので、口内の免疫も下がる事から、歯周病が悪化することがあるのです。便秘は全身を蝕む侮れない病気なのだと、認識したほうが良さそうです。

腐敗物質の正体

具体的には、腐敗物質とはなんでしょうか。ただ臭いだけと思ったら大間違いです。取り返しのつかないことになります。何故なら、この腸内に吸収された物質は、ただ腐敗したというものではありません。実際には発がん性物質なのです。

このまま長らく腸壁から吸収され続ければ大腸がんのリスクは高まりますし、全身を血流に乗って巡るので、どの部位に癌が発症してもおかしくないのです。この腐敗物質の種類には腸内のアミノ酸を腐敗させることで変質させた、アミンという物質や発がん性と共に強烈な臭気で口内を刺激臭で満たす、アンモニアなどがあります。

腸内の悪玉菌がこうした発がん性物質を生成していきます。腐敗物質が出ていると、肌荒れが酷くなったり、汗が生臭くベタつきやすくなったり、襟などについた汗染みが黄ばんで残る事がありますから、口臭以外にもこうした症状が出るようなら注意です。

口臭が激しくなったら危険信号

こうしたことを踏まえると、口臭が如何に密接に便秘と関わっているのかということが、垣間見えてきます。口臭にまで便臭が及ぶということは便秘の進行はかなり進んでいて、一刻の猶予もない危険な状態であることを示しています。

血流に発がん物質が巡り、口臭として外に出てくるのは腸内からの悲鳴と認識しても良いですし、最後の通告であると思っても良いでしょう。ここでどうにかしないと次に来るのは腸管が詰まって腸が壊死する腸閉塞や、大腸がんなどの深刻な病気しかありません。

まず、口臭が感じられるまでに便秘を悪化させないことが一番ですが、時すでに遅く口臭が出ているのなら、自力でどうにかするのは難しいです。きちんと病院を受診して、今現在の腸内がどのようになっているのかレントゲンで確認したほうが良いでしょう。

中には、腸に穴があくほどに便秘を拗らせている人もいますので、口臭がひとつの指標になります。こうした事から口臭に便臭が交じるのなら、迷わず病院に行くべきでしょう。
便秘という問題を超えて、命に関わる話にまで及んでいると気づいて下さい。

便秘をしないためには生活を変えること

口臭というのは、とてもデリケートな問題で他者に不快感を与えやすいものです。ワキガに並び指摘しにくいニオイの問題であるのは知られたことです。知らずに、他者に不快感を与えているのなら、どこかでこの悪しき問題を断ち切るべきです。

健康のためにが一番ですが、ニオイがもとで人間関係を壊すこともあるからです。便秘を治せば、口臭も緩和されていきますし、他の諸症状も消えていきますから、便秘をしない生活に重点を置いていきたいものですね。

まず、便秘をしないためには、腸内で腐敗菌を呼び起こしやすい肉類を控えることです。肉は消化に時間が掛かり、腸内に移動するのも遅くなります。腸は一定の温度で常にあたたかい状態ですから、便が腐敗しやすくなるのは仕方のない事なのです。

特に体の弱りやすい夏場や冬場には、代謝も鈍くなりますので、便通が悪くなります。こうした季節には慎重に、肉類を摂取しましょう。不摂生な肉類の摂取は、瞬く間に便秘の温床を作る事となります。

さらに、腸に元気を与えてくれる乳酸菌豊富な、ヨーグルトなどを摂取して善玉菌を増やしましょう。野菜は腸の蠕動運動を活発化するので、野菜も忘れないで食べたいですね。

便秘を解消することで、口臭も軽減されていきます。ここは正念場です。口臭が気になり始めたら、気合を入れて改善に取り組みましょう。