はじめに

妊娠すると、何故か便秘が多くなります。中にはその便秘から心身共にバランスを崩してしまう妊婦も多いです。せっかく赤ちゃんを授かり幸せに限られた妊婦生活を送りたいのに、便秘という憂鬱のもとにどう立ち向かのか、悩みの種ですね。ここは気持ちを落ち着けて冷静に腸活してみませんか。同じような悩みを持つ妊婦は多いものです。

妊婦に多い便秘の原因とは何か?

何故、妊婦の便秘が多いのか。それは赤ちゃんを守るための生理現象であるのです。妊娠すると、ホルモンの影響で、子宮収縮が少なくなりその事で、腸の蠕動運動が低下するのです。何故このようなことが起こり便秘になるのかと言えば、胎児を守るためになるべくお腹にダメージ
を与えないようにという母体の配慮なのです。そう考えると深遠です。

実際、妊娠後期にはホルモンは子宮収縮を殊更促すことがありません。胎児が大きく安定期になるまでは、便秘に悩まされるのは致し方のないことであるのです。しかし、妊娠後期でも便秘だと言う妊婦も多いかもしれませんね。

じつは妊娠後期には大きくなったお腹が、膀胱や肛門を圧迫してしまうので、血流が悪くなりその事で便秘になると考えられています。現に、膀胱も押されますから、便秘ではあるけれど尿意も近く、尿漏れに悩む妊婦も多いはずです。誠に厄介なトイレ事情がここに実現してしまうというわけです。

生活を変えてみることで腸が活発になる

妊婦にとって便秘は避けられない宿命である以上、ある程度の不便は覚悟しないといけませんが、その苦痛を最小限にとどめる事はもちろん可能です。妊娠初期の場合はホルモンが影響した便秘ですから、その影響で腸内の水分が少なくなり便は出にくいばかりでなく、硬くなり
無理に出すと痔になったり、血便が出てしまうことになります。

ならば水分を取ること、食物繊維を摂取して腸内を刺激してあげることが必要になります。常に水分を取りましょう。お腹を冷やすのは逆に便秘を促しますから、母体のことも考えて妊婦としては、白湯などのあたたかい飲み物を飲むのが理想的です。

また、適度な運動も大切になりますから、マタニティヨガやマタニティスイミングなどの刺激の少ない有酸素運動を心がけると、新陳代謝が活性化して、便秘から妊婦を解放してくれるでしょう。

精神を安定させて豊かな妊婦生活を心がける

最後はやはり、精神を安定させることです。あまりにも便秘が酷いと妊婦はマタニティブルーという精神を病んでしまうことになりかねません。便秘になると結局、精神衛生上問題が出てしまうのです。

自律神経を崩すと、そのストレスから益々便秘になることでしょう。そうならないように、なるべくゆったりとした生活を送りましょう。旦那さんにも協力してもらい、妊婦の生活が快適になるように、家事などの役割分担を明確にすることなど良いと思います。

好きな音楽や絵本などを、胎教に読んであげるのも素敵な時間になります。美味しいものも、たまには食べましょう。体重管理で気ぜわしくなり悶々としない方が、お腹の赤ちゃんも幸せなはずですし、食物繊維の豊富な果物などを摂取すれば、便通も良くなります。

まとめ

十月十日のこの日々を、便秘という悪夢にうなされる妊婦の多さは驚くべきものです。でもこの便秘の原因を理解すれば、これも産みの苦しみの一環だと分かります。この苦しみを耐えて、さらにより軽いものに変化させる努力をすれば、便秘も軽減されて妊婦生活が楽しいものになることでしょう。