悪玉菌が蔓延るとおならは強烈に臭くなる

おならと聞くと、恥ずかしいものだと思ってしまいますね。しかしこのおならこそが、腸内の現状を体現しています。最近おならが臭くなったと思うのであれば、腸内に悪玉菌が繁殖しているとみて間違いありません。小腸で消化酵素により摂取した食物を消化吸収しますが、この消化酵素がきちんと分泌されていないと、消化されなかったタンパク質も大腸に届いてしまいます。

食物繊維は大腸で、善玉菌の餌になりますが、このタンパク質は悪玉菌の餌になってしまうのです。悪玉菌が増殖すれば便秘になりますから、自然とおならも臭くなって当然なのです。

この便秘が長期に及び続けば、慢性便秘となりますから、おならはいつも臭くなります。腸の中で腐敗した便が滞留していますから、耐え難い臭さでおならは出てくることになるのです。何十年も慢性的に便秘が解消しないでいれば、いつしか大腸がんに変異する場合もあります。そうなってからでは遅いので、まだおならが臭いなと苦笑い出来るうちになんとか無臭のおならにまで腸内環境を改善して行きたいですね。

便秘を解消するとおならが臭くなくなる

おならをコントロールするためには、便秘を解消することが一番の近道です。その為にはおならや便秘と深く関係している自律神経を正常に機能させるしかありません。自律神経の副交感神経は胃腸を動かす神経なのですが、ストレスや生活習慣の少しの乱れにも敏感です。特に悩みがある場合は、そこから不眠などの諸症状が出てきますので、益々自律神経が乱れてしまいます。副交感神経が活動しないでいれば、便秘は極端に酷くなります。何週間も排便できないこともあります。そうなるとおならは、硫黄臭のような何とも言えない便臭で臭くなります。腸内に蔓延る悪玉菌のせいで、腸壁はただれてしまいます。

そのためにも是非便秘を解消したいものです。便秘を治すには、規則正しい生活を送ることです。そうすれば、乱れた自律神経が元も戻ります。副交感神経が腸内細菌のバランスを戻す役割をしてくれたら、おならのニオイも無臭に近くなるはずです。

おならはそのニオイにおいて、人間の腸内環境を告げ知らせてくれる警鐘のようなものです。侮らずに真摯におならと付き合いたいものです。おならはまさに、健康をはかる物差しなのです。これほど正直に人間に訴え掛けるものはありません。呑気(どんき)症がおならを誘発する

じつはおならには、腸内環境とは別の理由が2つほどあります。その中のひとつめが、この呑気(どんき)症というものです。日本人の8人に1人がまさにこの呑気症だと言われています。そしてこれが過剰なおならを作り出しているのです。

この呑気症とは、食べ物や飲み物を体内に入れる時に、一緒に多くの空気を飲み込むことで起きる症状なのです。これにより体内に過剰な空気が入り、おならを誘発するというわけです。空気がおならの成分なので余りにおわないのが特徴です。ストレスからも過剰な空気を吸い込みますから、この呑気症は精神的要素が強い病気と言われています。

本来、腸内環境とはまったく別のところで起こるおならである以上、心配することはないのですが、ストレスが原因ともなれば話は別です。強いストレスは、自律神経を鈍らせますから、交感神経が常に優位になってしまいます。すると、胃腸の働きを司る副交感神経が、いつまでも活動できなくなります。よってここにあの、悪玉菌が繁殖する温床を作ることになるのです。そうなれば、あっという間に便秘になるでしょう。

最近おならが臭くなったと思う呑気症患者は、すでに別のステージに入ってしまっていることを自覚しましょう。腸内環境がダメージを受けているとなれば、それはもう呑気症+便秘を患っていることに他ならないのです。

加齢でおならが臭くなる

最後に加齢でもおならが臭くなることに触れたいと思います。年を取るとおならが臭くなることがあります。これは便秘の場合もありますがそうでないのに、臭い場合があります。もちろん大腸がんでもありません。こうした加齢による、おならの臭さは、新陳代謝の悪さによるものです。胃腸の機能が落ちてくるので、消化に時間が掛かるのためです。胃や腸に滞留する時間が長くなることで、発酵しておならのニオイが気になるようになります。

高齢者は消化の良い物を食べて、おならのニオイを軽減できるように配慮したほうが良いでしょう。硬いものを食べる能力自体も落ちますので、無理をすると本来そうではなかったのに、便秘になることもあります。世代にあった食生活を模索していくことが、健全な腸を作ることになります。

便秘が進行すると、免疫力の劣る高齢者の場合は、大腸がんなどのリスクも高まりますので近くいる家族の、食事面のサポートが必要不可欠です。加齢に伴うおならの臭さで留まるうちに、便秘予防をしておくことが肝要かと思われます。適度な散歩などの運動でも新陳代謝が高まりますので新陳代謝が高まるとともに、おならも臭わなくなるはずです。無理のない範囲の運動も高齢者には必要なことです。