スムージーとは何か

巷でスムージーブームが巻き起こってから、すっかり今では市民権を得たスムージーですが、 改めてスムージーとはどんなものか、知っているようで知らないことに気づかされます。

ミキサーで作るジュースとの違いは?と疑問に持たれている人も、じつは多そうです。

このスムージー自体は、歴史が100年近くあるものです。

本来の作り方は凍らせた野菜や果物、 あるいは野菜や果物に氷を混ぜて、ミキサーで作ります。

伝統的なスムージーは、凍らせた野菜や果物又は氷を混ぜて作りますが、 現在飲まれているスムージーは生ジュースと遜色ないもので予め野菜や果物を凍らせもしないし、 氷も入れない場合が多いです。

また豆乳や牛乳などを混ぜて作ることが多いようです。

スムージーを飲む事で、酵素や食物繊維が効果的に摂取できることで便秘を改善するのに熱い注目を浴びている、 デトックス飲料ですが、飲み方や作り方で一層、便秘に効果的であったり、逆に便秘を悪化させてしまう事もあります。

便秘解消の為に飲んでいるのに、効果がないどころか便秘が悪化したとなっては、勿体無いことです。

うまくコツを掴めば、便秘は解消されていきますし、健康にも良いので是非、 スムージーの正しい飲み方をマスターしてほしいと思います。

朝のスムージーで快適な便通を

朝スムージーを飲むのは、便通を促すのに最適です。

朝冷たい水を1杯飲む便秘解消法もあるくらいですから、本来のスムージーの作り方で、 冷たいスムージーを飲めば、水を飲むのと同様に、朝の大蠕動運動が適切に起こるのです。

加えて、選ぶ野菜や果物によっては食物繊維の力で、さらに便秘を解消する力が加算されるのです。

是非とも朝のスムージーを作る場合には、本来の作り方を遵守して、凍らせた果物や野菜を使用して下さい。

または砕いた氷を、ミキサーで一緒に混ぜてスムージーを完成させてください。

やはり、朝の便通をよくするためには本来の冷たいスムージーが一番効果的なのです。

朝の1杯は是非冷たいスムージーを心がけてください。

しかし例外もあります。

もともと胃腸が弱い人や、冷え性の人はその限りではありません。

無理をして下痢になったり、腸内が冷えすぎて滞留便が、益々滞留してしまうと便秘はいつまでも改善されません。

自分の体質を考慮してください。

グリーンスムージーの種類

スムージーには多様な種類があります。

その中でも緑の野菜をメインにしたグリーンスムージーが便秘には一番、効果的です。

レタスとバナナのスムージー

材料はレタス8分1、バナナ1本、氷水100ml
材料を細かくカットし、氷水を入れてミキサーを回します。

均等に混ざれば完成です。

酸味が欲しい場合はカットパインや、レモン汁を加えても美味しくいただけます。

レタスもバナナも食物繊維が豊富なので、整腸作用が期待できます。

バナナに含まれるオリゴ糖は、善玉菌の働きを助けるので便秘にはとてもよい果物なのです。

小松菜とヨーグルトのスムージー

材料は小松菜1株、にんじん2分1本、ヨーグルト50ml、氷水130ml
材料をざく切りしたあとにヨーグルトと水を加えて、混ざり合って滑らかになったら出来上がりです。

ヨーグルトとにんじんはビフィズス菌を増やす作用があります。

小松菜に含まれるビタミンAは皮膚や粘膜を強くします。

便秘で荒れた、腸壁を修復してくれます。

モロヘイヤとみかんのスムージー

材料はモロヘイヤ15枚、みかん2個 氷水60ml
みかんは皮をむいてミキサーに入れます。

その中にざく切りしたモロヘイヤを加えて氷水を入れてミキサーを回します。

均等に混じったら完成です。

モロヘイヤはビタミンB群の宝庫で、水溶性の食物繊維が多く含まれています。

便秘改善には最適です。

またみかんには、クエン酸が含まれていますので便秘解消に効果があります。

間違った飲み方は便秘に効かない

スムージーは本来、凍らせた野菜や果物を使ったり、 氷水を使用しますが中にはスムージーを飲んでいたら、逆に便秘が悪化したという人もいます。

こうした人は冷え性の人が多いようです。

特に腸が冷えてしまうと、便秘は治りません。

もし、冷え性だと感じたら、冷やしたスムージーを控えたほうが良いでしょう。

また痙攣性便秘の場合、便秘と下痢を繰り返しますので下痢の症状が進行してしまう可能性もあります。

痙攣性便秘の多くはストレスが原因になりますから、ストレスを感じている場合は、冷たいものの摂取はやめておいたほうが良さそうです。

食物繊維も不溶性と水溶性がありますから、自分の便秘のタイプを考えた上で偏らないように食物繊維を摂取することも大切です。

特に不溶性食物繊維は水に溶けずに大腸に届くので、便秘が既に相当悪化している場合には避けたほうが良いです。

腸管を詰まらせてしまうかもしれません。

スムージーは軽度から中度の便秘や、便秘予防にこそ大きな効果が期待できるのです。

関連ページ:便秘解消には食物繊維を摂取することが原則